南京事件登録、政権がユネスコ分担金停止検討
この問題も日本が分担金を停止すれば、
ユネスコに対する日本の影響力は低下する。

続きを読む≫ 2016/03/31 04:33:31

正式に学んだことはないから、全て体験と個人的意見です。

 

人格って、先天的な要因と後天的な要因とが絡み合って云々…というのは周知のこと。

 

人は多面的な生き物なので、一部の面を見て全てを察したような気にはなりたくはない。
とは思うのだけれど、以前、絵を教えていた男の子が、何とも要注意児童だった。

 

当時6歳。4兄弟の3番目。年相応の知能も運動能力も持っている、ごく普通の児童。

 

絵を描くまでは、そんな子だった。

 

まずは自由に描いてもらうんだけど、好きな絵を描くんだけど、多くの子は人や動物や、あるいは楽しかった出来事(プールに行ったとか)、好きなマンガのキャラクターや、大体分かるなー、理解出来るなーっていう絵を描く。

 

というか、絵を「絵」だと認識して描いている。

 

絵というものを、ちゃんと理解して描いている。

 

その子は、最初は絵を描いているのだけれど、ある瞬間に、突然その絵が「画面」にスイッチする。ライブペインティングのように、どんどん映像が進んでいく。そして、例外なくゲームのエネルギーゲージみたいな数値が書かれ、戦いが始まり、相手を完膚なきまでに叩き潰し、相手は真っ赤な色(血だそうです)で塗り潰され、描いていた手が止まり、更に新しい用紙にまた別の絵を描き始め…を、繰り返す。

 

ぶつぶつ内容を呟きながら、そのライブペインティングを繰り返す。

 

さて、どうしたらいい?

 

悩みました。

 

通っているうちに家庭に問題があることが分かってきたけれど。
せめて、「ゲームの映像」じゃない絵を描けるようにしたかった。
好きな絵本を選んで、その絵を模写させたり。必然的に絵本を読むので、少しはゲーム以外のものに触れる機会を作ったり。
模写してるうちに、自分らしい絵になっていく過程を楽しんだり。
結論から言うと、他の子供たちには好評だったのですが…彼には全く通じませんでした。
頭の中は、ゲーム画面でしか物事が見れないかのようだった…。

 

せめて、戦いが始まった瞬間に、別の紙に続きを描いたら?と提案して、用紙を渡してみる。すると、その用紙を破り捨てキレる。ダメだったか…と仕切り直し。

 

漫画や紙芝居、アニメにすらならず、ゲームの戦いに執着。倒したいのは誰なんだろう?
幼稚園や保育園でも、こんなお絵描きをしてる子供が、多数いるんだろうか?

 

少なくとも、5年位幼稚園の子供たちと接しても、そんな感じじゃなかった。

 

4兄弟の上2人も同時に教えていたけれど、それぞれ個性的で、素敵な絵を描いていた。上の子供は漫画タッチのイラストを。2番目の子供は絵画を。

 

飽きないように毎月いろんな画材を試してみて。

 

絵手紙や、色鉛筆、パステル、絵の具。筆で描いたり割りばしで描いたり。

 

トレースする方法も伝授したり。

 

その間、3番目のその子は、時にキレたり、逃げたり、暴れたり。その都度、時間かけて話すのだけど、正直どうしようもなくて。

 

今どうしてるかな…。
多分丈夫に育ち上がってるとは思うけど。
あの頃の話を、今、聞いてみたい。

 

覚えてないかも知れないけど。

続きを読む≫ 2016/03/30 06:09:30

Nintendo3DSにSIM入れられる様にすりゃ良いんじゃないの?
そして通話機能付けてSIMフリーにすりゃ売れるよw
そうすれば『折り畳み』スマートフォンの完成だ

続きを読む≫ 2016/03/24 21:19:24

裸族って気持ちはよく分かりますし、どちらかというと、あたしも裸族の方だったけど、今はちゃんと服を着ております。

続きを読む≫ 2016/03/17 17:51:17

そういえば、「艦これ」がハードウェアの売上に物凄く影響したことがありましたね…
さて、筆者はもう五年位前のガラケーを延々と使い続けています。
電話とメールだけだったらこれで十分ですし、スマホみたいな端末は便利なんでしょうけど、
それを持つとそれこそそれに気をとられっぱなしになってしまいそうな気がして、
怖くて持てない…というのもありました。

続きを読む≫ 2016/03/10 04:20:10