アルヘンの場合

アルヘンの場合

ブラジルのサッカー選手の愛称の意味って知ってる?
アリエル・オルテガのブリートは馬という意味だったな。

 

クラウディオ・ロペスのピオホは記事の通りに虱。

ガブリエル・バティストゥータは太りやすい体質からエル・ゴルド(おデブさん)

 

ディエゴ・アルマンド・マラドーナはペルーサ(縮れ毛)

 

バビエル・サビオラはコネホ(兎)。ちなみにこう呼んだのはロッカー(実際にバンドやっていた為についたあだ名)のヘルマン・ブルゴス。

 

エル・パジャッソ(ピエロ、道化師)のパブロ・アイマール。本人はこの愛称を嫌っていると聞いた。

 

ブルヒータ(小さな魔法使い)ことファン・セバスチャン・ヴェロン。父親も魔法使いと呼ばれてたなぁ。

 

レアルの伝説、アルフレッド・ディ・ステファーノはブロンドの矢。ただ本人の髪は結構寂しかった記憶がある(笑)

 

マルティン・パレルモもエル・ロコ。此方の奇人は本当に奇妙な人って意味。女装癖とかを指して言われたと思われる。

 

クラウディオ・カニージャはマラドーナの恋人。スルーパスに良く走りこんでゴールを決めていたイメージとあのディープキスも衝撃的だったww

 

ロベルト・アジャラはラトン(ネズミ)。DFにしては小柄な体格だったけど、当たりは強烈だったイメージが。ドログバが一発喰らって沈黙したくらいだから余程でしょう。

 

他にもあるけど、飯食いたいのでまた今度にする